王子飛鳥山の桜、見に行ってきた2018

桜の季節、毎日桜を見に行ってます。
仕事帰りに赤羽桜緑道(荒川)へ行ったり、桐ヶ丘(赤羽駅西口)へ行ったり。
今日は王子方面へ行ってきました。

王子の飛鳥山公園は桜と紫陽花の名所で、日本のビジネスマンの象徴・渋沢栄一の博物館もあります。
私は子供の頃、よくここでD51(機関車)に乗って遊びました。

さて今年も飛鳥山公園は大賑わい。ブルーシートを敷いた宴会で。
桜は散り始めているのかな?ちょっとピンクが濃いです。

飛鳥山公園_2018a

飛鳥山公園_2018b

飛鳥山公園_2018c

ぐるっと一周してから王子駅を越えて音無親水公園へ。
北区役所の下、水場と花吹雪の感じがいいです。

その後、王子神社を越えて王子稲荷神社へ。
安藤広重の浮世絵・江戸名所百景にも描かれているお稲荷さんです。北区のシンボル的な存在です。
桜はあまりありませんが、奥へ行くと雰囲気がいい。
狐の穴跡という、薄暗く、ヒンヤリと、なにか出る感じ。

王子稲荷_2018a

王子稲荷_2018b

最後に名主の滝へ。
小学校へ上がる前はよくここで水遊びをしたものです。
滝に打たれて修行ごっこしたり、虫取り(カナブンとセミ)したり。
名主の滝の池には散った桜の花びらでいっぱい。
樹林と滝と小川と木陰でヒンヤリ。
ここはあいかわらず都会のオアシスです。

名主の滝_2018a

名主の滝_2018b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください