川越の出世詣で、行ってきた2018

今日は仕事さぼって、ではなく気分転換に川越へ行ってきました。
ちょっと仕事が膠着状態なので・・・

他のマラソン大会にバッティングのため、昨年に続き今年も小江戸川越ハーフマラソンには参加できません。
あとは川越まつりくらいしか川越に来ることがないので、いきなり今日にしました。

さて今回最初の目的地は、出世稲荷。
大イチョウがあるとの事です。

川越2018_01

小さい神社でした。
人もいませんし。
細かいお賽銭をたくさんあげて、次へ。

蔵づくりの街並みを歩いていると、外国人とお年寄りの団体さんにすれ違いました。
団体さん、狭い歩道いっぱいに群がるものですから、こちらは自動車に気を付けながら車道を歩かなければなりません。
ちょっとしんどい。
気づいたら駄菓子屋横丁でしたが、お昼食べたばかりなので、近寄らずに。
もう少し歩いて、道に迷って氷川神社に着いてしまいました。
そこから南に下って三芳野神社へ。
わらべ歌『とうりゃんせ』のモデルになった場所だそうです。
民俗学をやってると分かるのですが、実は童謡・童話は怖いんです。
マザーグースやグリム・アンデルセンもそうですよね。

川越2018_02

川越2018_03

三芳野神社には川越城七不思議の石碑があって・・・
今度調べてみよう。

最後に喜多院の五百羅漢をチラッと見て、本日の川越の旅は終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください