3年目の真実、インコのピーちゃんメスだった

セキセイインコのピーちゃんをお迎えして3年3か月になります。
いきなり卵を産みました!
メスだったんですね。
今までずっとオスだと思ってあんちゃん(兄ちゃん)呼ばわりしてしてたのに。
そして2日後、もうひとつ卵を産みました。
産み終えて巣箱から出てきて、暑いのか羽をおっ広げてハアハア言ってます。
それからは巣箱に籠りっきりで無精卵を温めています。
遊んでくれないんでちょっと寂しい。
あまり卵を産まないでほしい、寿命が縮まるので。

ピーちゃん_190704_1

ピーちゃん_190704_2

大宮公園の桜、見に行ってきた2019

桜を見に大宮公園へ行ってきました。
氷川神社への参道が人ひとヒトで前に進めません。
初詣みたいです。
参道に出ている露店と群がる客が道をふさいでいるので、通れる道が狭くなり、工事中の片側車線通行みたいになってます。
ベビーカーがちょっと危険でした。

神社をそれて公園の方へ行くと、満開の桜。
そしてシートを敷いて楽しむ花見客。
上野とは民度が違うというか、楽しみ方が違う感じ、光景が違うのです。
シートを敷ける広さがあることと、外国人が少なめなことが関係するのかも。

大宮公園花見

大宮公園花見

大宮公園花見

上野公園の桜、見に行ってきた2019

今年も上野公園へ行ってきました。
というより、頻繁に行っています。
結構近いので、仕事に飽きて気晴らしに、とか。

いつ行っても大勢の観光客で賑わう上野公園、この日はヤバかった。
とにかく人が多すぎで身動きできない。
デジカメで、スマホで、撮影する人も多かった。
食べ物片手に歩く人も多かった。
飛び交う外国語も多かった。

この時期に咲いている椿?赤い花があります。
興味を魅かれる外国人に対して、日本人は見向きもしません。
日本人は桜を見に来ているのです。

上野公園花見2019

上野公園花見2019

上野公園花見2019

川越の出世詣で、行ってきた2018

今日は仕事さぼって、ではなく気分転換に川越へ行ってきました。
ちょっと仕事が膠着状態なので・・・

他のマラソン大会にバッティングのため、昨年に続き今年も小江戸川越ハーフマラソンには参加できません。
あとは川越まつりくらいしか川越に来ることがないので、いきなり今日にしました。

さて今回最初の目的地は、出世稲荷。
大イチョウがあるとの事です。

川越2018_01

小さい神社でした。
人もいませんし。
細かいお賽銭をたくさんあげて、次へ。

蔵づくりの街並みを歩いていると、外国人とお年寄りの団体さんにすれ違いました。
団体さん、狭い歩道いっぱいに群がるものですから、こちらは自動車に気を付けながら車道を歩かなければなりません。
ちょっとしんどい。
気づいたら駄菓子屋横丁でしたが、お昼食べたばかりなので、近寄らずに。
もう少し歩いて、道に迷って氷川神社に着いてしまいました。
そこから南に下って三芳野神社へ。
わらべ歌『とうりゃんせ』のモデルになった場所だそうです。
民俗学をやってると分かるのですが、実は童謡・童話は怖いんです。
マザーグースやグリム・アンデルセンもそうですよね。

川越2018_02

川越2018_03

三芳野神社には川越城七不思議の石碑があって・・・
今度調べてみよう。

最後に喜多院の五百羅漢をチラッと見て、本日の川越の旅は終了。

王子飛鳥山の桜、見に行ってきた2018

桜の季節、毎日桜を見に行ってます。
仕事帰りに赤羽桜緑道(荒川)へ行ったり、桐ヶ丘(赤羽駅西口)へ行ったり。
今日は王子方面へ行ってきました。

王子の飛鳥山公園は桜と紫陽花の名所で、日本のビジネスマンの象徴・渋沢栄一の博物館もあります。
私は子供の頃、よくここでD51(機関車)に乗って遊びました。

さて今年も飛鳥山公園は大賑わい。ブルーシートを敷いた宴会で。
桜は散り始めているのかな?ちょっとピンクが濃いです。

飛鳥山公園_2018a

飛鳥山公園_2018b

飛鳥山公園_2018c

ぐるっと一周してから王子駅を越えて音無親水公園へ。
北区役所の下、水場と花吹雪の感じがいいです。

その後、王子神社を越えて王子稲荷神社へ。
安藤広重の浮世絵・江戸名所百景にも描かれているお稲荷さんです。北区のシンボル的な存在です。
桜はあまりありませんが、奥へ行くと雰囲気がいい。
狐の穴跡という、薄暗く、ヒンヤリと、なにか出る感じ。

王子稲荷_2018a

王子稲荷_2018b

最後に名主の滝へ。
小学校へ上がる前はよくここで水遊びをしたものです。
滝に打たれて修行ごっこしたり、虫取り(カナブンとセミ)したり。
名主の滝の池には散った桜の花びらでいっぱい。
樹林と滝と小川と木陰でヒンヤリ。
ここはあいかわらず都会のオアシスです。

名主の滝_2018a

名主の滝_2018b