足立フレンドリーマラソン、完走してきた2018

足立フレンドリーマラソン2018_1

第9回足立フレンドリーマラソンに参戦してきました。
もう8回も参加しているので常連さんです。
で、いつも通り家を出たのですが、いきなり電車が止まってる!
路線を迂回して別の電車に乗ってみるが、今度はこちらが途中停止。
到着が大幅に遅れてしまい、スープジャーおかゆを食べてる暇がなくなってしまいました。

さて今日の気温は13℃だそうで、昨年・一昨年と20℃近い暑さに比べると、丁度よい感じ。
しかし湿度が高いせいか、スタートまもなく体が温まり、1キロ付近で汗をかき始めてしまいました。

13キロ地点まではほぼ順調、ここで坂道。
思わずスピードダウンさせてしまい、この後はスローペースになってしまいました。
結果、昨年と全く同じタイムでゴール。

ゴールには埼玉県っぽいユニフォームの人が!
M高史さんでした。
別の大会では本物もいたりするので紛らわしい。

マラソン終了後、小雨が降ってきて寒かった。
疲れと寒さで手がかじかんで、ゼッケンを留めている安全ピンがなかなか外せず、更に時間がかかって寒い思いをしました。

とにかく、今年最後のマラソン大会、全力を出し切って走り納めとなりました。
来年は地元・赤羽で1月13日、ハイテクマラソンから参戦・スタートです。

足立フレンドリーマラソン2018_2

さいたま国際マラソン、完走してきた2018

さいたま国際マラソン2018_1

さいたま国際マラソン2018に参戦してきました。
今回はちゃんと事前に用意したスープジャーおかゆを着替え中にお腹に入れての挑戦です。
さてレースの方ですが、30㎞までは順調。
その後はいつも通りガス欠になってちんたらちんたらと。
結果、最遅だった昨年よりはマシですが、自己ベストに40分以上の遅れです。
もう最盛期には戻れないのかも。

今大会は一応コスプレ禁止です。国際大会なので?
それでもおかしな格好のランナーはいます。
こんなのが。

メイド服なのにちょんまげ被ってるひと。
コンセプトが分からない。

うんこ被ってるひと。
文字だけだとイメージできないですよね。

TENGA被ってるひと。
もう訳分からないですよね。
しかも私より速かった。流石だね。

他にも、サンタコス(スカート)にウサギを被ってるひと。ミッフィーかもしれない。
チェックのスカート履いたおっさん、
よく見かけるセーラームーン(かな?)
男の娘です。
勘弁してほしいです。精神的ブラクラです。

かくいう私はいつものマラソンスタイルに、お手製の唐草模様ショートパンツで挑みました。
バカボンっぽいイメージをしたのですが、パンツだけだと目立たなかったです。

それと今回の給水にコーラが出ました。
あのシュッワがうれしい。
他の大会でも是非炭酸飲料を導入してほしいです。

さいたま国際マラソン2018_2

つくばマラソン、完走してきた2018

つくばマラソン2018

つくばマラソン2018に参戦してきました。
準備万端だったのですが、おなかが痛くなってトイレへ。
トイレ順番待ちで22分は痛かった。
おかげで朝食であるスープジャーおかゆ、会場で食べ損ねました。

コース上には1㎞ごとの立札に何かコメントが付いています。
例えば8km、「いくの、いかないの、いっても、いいじゃん」
「逝くの?逝かないの?逝っても、じいちゃん」
に見えてしまいました。
よくわからないコメントが多く、周りで走っている人もこぼしていました。

さてレースの方ですが、12kmですでにガス欠になってしまいました。
そして18kmで歩き始め、21kmあたりでリタイアを考え始めました。
間に合わないだろうな、と。
とりあえず25㎞まで走ったり歩いたりして、30㎞まで行けそうだ。
30㎞まで行ったら、なんか歩いても間に合いそうだ、と感じていたら、脚力が戻ってきました。
その後は結構スピードが上がり、時々歩いて無事にゴール。
最盛期とは1時間も遅くなってしまいました。
最近練習が怠慢だったので、そのツケかも。

遅くなると、給食がなくなります。
あんぱん、雑穀パンがあったらしいのですが、見かけませんでした。
中盤の冷凍ブルーベリーと、終盤の温かいお汁粉が最高でした。
欲を言えば、炭酸が欲しかった。
大阪マラソンみたいに。

次回のさいたま国際マラソンまで、体調管理をしっかりやっておこう。

つくばマラソン2018

八ッ場ダム工事現場見学会、行ってきた

八ッ場ダム工事現場見学会

土木の日イベント、八ッ場ダム工事現場見学会に行ってきました。
前職(建設業)でダムに関わって以来のダムマニアなので、八ッ場ダムは一度行ってみたかったダムです。
それも建設中のダムはなかなか見学できませんし。
前回行った津軽ダム(目屋ダム)は半分仕事・半分趣味でしたが、今回は完全趣味です。
建設業在職中に見学に来たかったくらい、勉強になりました。

一般のダムマニアの目から見ると、「すごいね(壮大だね)」なのでしょうが、基礎工事やコンクリートの知識を持った目で見ると、別の意味で「すごい(技術だ)ね」。
そして下流の東京に住んでいる自分にとってもこれまた別の意味での「すごい(安心できる)ね」です。
自宅近場の荒川スーパー堤防とともに、工事が再開されて住んでる人の安心度が上がりました。

ダムの下から見上げるコンクリートの巨大な壁、やっぱり「すごいね」です。

ちばアクアラインマラソン、完走してきた2018

ちばアクアラインマラソンに参戦してきました。
この大会、何故か快晴。おかけできれいなアクアラインを眺めることができました。

ちばアクアラインマラソン2018

今年は秘密兵器を持っていきました。
スープジャーおかゆ。
家を出る前にお米と熱湯をポットに入れ、3時間後、現地で温かい炭水化物が摂取できるのです。
朝は食欲がないので、流動食が丁度いい。

ちばアクアラインマラソン2018

さて今年はのんびり行こう!という訳で、ほぼ最後尾からスタート。
周囲ののんびり混雑ペースから抜け出せず、折り返し地点では過去最遅記録を更新していました。
そして気が付くと、関門閉鎖リミットぎりぎりで通過している状態。
最終関門などはちょっと危なかった・・・

無事ゴールすると、ゴールリミットぎりぎりでした。
結局、過去まれにみるワースト記録を更新してしまいました。

アクアラインマラソンは、アクアラインの往復が一番の見どころ。
21キロから先は苦行です。
おもてなしロードはちょっと楽しみですが。
次回からはハーフマラソンにしようかしら?

ちばアクアラインマラソン2018