インコ飼育日誌、その4


カゴの外に出て飛び回るのが楽しくて、カゴに帰るのを嫌がるようになった。
カゴから”出してくれ、出してくれ”と必死に騒ぎまわるのだ。
カゴから出たら最後、もう言うこと利かなくなり、あちらこちらでフンをする始末。 その始末をして回っている。
以前飼っていたインコもやはり、放鳥すると逃げ回ってカゴに入らなくなったので、最後は室内の明かりを消して真っ暗にしてから捕まえるようになった。
そのため、夜しか遊んであげられなかった。
こいつらも、そうなるのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください