春日部大凧マラソンの続き2010


春日部大凧マラソンの続き

帰りの電車のことである。
混雑のため座れず、ドア付近で立っていた。
会場でもらったペットボトルは、ちびちび飲んでほぼ空になっていた。
そのうち、冷や汗が流れ出し、視覚にキラキラとスタートレックでよく見る宇宙人の出現のようなものが見え始めた。
そして目の前が真っ暗になり、これはマズイと思ったら暗転して、気付いたら床で寝ていて天井を見上げていた。
知らない人たちが心配そうに窺っていた。
「日射病だ」「熱中症だ」「暑かったからなぁ」という声が聞こえてきた。
周りの人たちに起こされ、椅子に座らされ、隣の人は「水飲め」と自分のペットボトルを提供してくれた。
その人たちには大変感謝している。
この時の私の目には視覚障害のため何も見えていなかったが・・・
電車の中では、周りの視線が気になったのと、目がおかしくなっていて、頭痛がしていたため、目を瞑ってじっとしていた。

電車が終点に着いて、ふらふらしながら改札口に向かったのだが、私の目にはおかしなものが見えていた。
この世界すべてが16色に減色された光景だった。
まるでフォトショップで作業しているような配色の世界だった。
信じられなかった。
自分はもうダメなのかも、今後一生、視覚障害になってしまうかも、などと考えつつ見つけたベンチに座り込んだ。

ベンチで目を瞑ってしばらく休むと、256色ぐらいの視覚になったので、電車を乗り換え、帰路に就いた。
今回は本当にヤバかった。

今は、視覚は総天然色に戻ったが、まだ頭痛と眼痛がしている。
40過ぎたのだから、もう無理はしないと誓いつつ、明日はどこへ出かけようなどと考えているヤツだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください