神田祭2010


今年もやってきたお祭り月間。
まず最初は神田祭。
カメラのバッテリー満タンで挑んだつもりが、充電ではなく放電になっていたようで、すぐ電池切れしてしまった・・・orz
しかたなく大部分は携帯で撮影した。
さて、今回見たかったのは、鬼の首、大江山の親分さんの大あたまである。
神田神社に飾ってあるのは見るのだが、引きずられて動くところは見たことがなかった。
この鬼の首を題材にした本、『鬼がゆく 江戸の華 神田祭』は面白そうなので、今度読んでみたい。
今回、大鯰も一緒に引きずられていたのだが、車輪のついたお魚CARの姿は、チキチキマシンで出てきそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください