圏央道開通前見学ツアー

ネクスコ中日本と土木学会による、圏央道見学ツアーに行ってきた。
圏央道の、相模原ICから高尾山IC間の開通前にウォーキングで通れるということで、申し込んでいたのだ。

見学コースでまず行ったのは、宮ケ瀬ダム。
実は本格的なダムは初めて。
小雨の中、大迫力の放水を見ることができた。
噂のダムカードもゲット。

次いで行ったのは小倉橋。
土木学会選奨土木遺産に認定された、昭和の初めに建設された、極めて精度の高い橋梁である。
小倉橋の向こうに見えるのは、新小倉橋。

3番目の行き先は、圏央道相模原ICの建設中の現場。
ここでは張り出し工法を初めて目にすることができた。

最後は相模原ICから圏央道に入り、高尾山ICへ行く途中の4KMウォーキング。
開通前の高速道路を徒歩で歩くなんで、なかなかできるものではない。

そういえばNHKが取材に来ていた。映ったかな?
それと神奈川新聞というのにインタビューされた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください