津久井湖城山ダム、行ってきた


今日は秩父のダム巡り、
と昨夜からスタンバっていたら今朝の天気予報で、秩父だけ雨降るような事を言っている。
そこで急きょ秩父行きを中止し、津久井湖へ行くことに。

まずは城山湖へ。
橋本駅からバスに乗り、都井沢で降りて自動車道を山の方へ登っていく。
コミュニティひろばらしきところに着いたが、山道入口が見つからずにうろうろしていると、近所の散歩中?のおじさんが見かねて道を教えてくれた。
サンキュウでした。
城山湖の本沢ダムはロックフィルダム、石の塊を積み上げる工法。
湖側には石くれが見られるが、下流側は草に覆われて”土手”になっていた。
下流の川は暗渠になっているのか見られなかった。

山を下りて津久井湖へ。
土曜だからか、ダム管理事務所は閉まっている。
隣の津久井湖記念館へ行ってみると、ダムカードはこちらで配布とのこと。
訪ねると、「本沢ダムの写真を持ってきてくれれば本沢ダムのダムカードも」くれるとのこと。
先に撮ったカメラを見せて、本沢ダムと城山ダムのダムカードをゲット!
津久井湖の城山ダムは重力式コンクリート工法で、天端は車が通れる国道413号線になっている。
前回の相模湖もそうだったが、津久井湖も湖面に結構なごみが浮いていたのが気になった。
宮ヶ瀬湖や秩父のダム湖には見られなかった光景。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください