京都マラソン、完走してきた


京都マラソン初参戦。
なんども応募してやっと出場権を得た。
大会当日の朝8:30で気温9℃というアナウンスがあった。
体感温度はもっと低い。
寒かった。
大きな大会であるため、大勢の人が走る。
そうなれば当然スピードが落ちる。
17キロあたりで、元タイガースの桧山氏を抜く。
21キロ中間点までほとんどピッチが上がらなかったものの、
余力があったのか、後半のペースダウンはそれほどでもなかった。
しかし38キロあたりからスタミナ切れ、ガス欠。
歩いたり走ったり。
37キロで駅伝で途中参加の”走る男”森脇健二氏に抜かれてしまった。
結果は、自己ベストより7分遅れで、自己ベスト4位。
まずます。
でも結構きつかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください