台風後の荒川河川敷、行ってきた2019

2019年10月13日、大型の台風19号が関東を通り抜け一夜明けました。
夜中にスマホの警報でたたき起こされ若干寝不足です。

台風一過の荒川河川敷を見に行くのも毎年恒例になってしまいました。
そこで今回は岩淵水門へ。
/  /  / / / /
/  /  /  /  /
ビュー    /  /
/  / ∠二二\ /
/  / (( ・ω・`)) /
/ ~~:~~~/ /
/ ∠__:_>  /
/ / (_)
( / /
/  /   / / /

新荒川大橋20191013

北区赤羽と川口市をつなぐ新荒川大橋。
本来は橋脚の下、橋台まで見えるのですが、増水でグランドごと見えなくなってしまいました。
ません。
川の中ほどに見える樹木のあたりから向こうの樹木までが本来の河川。
その向こうはゴルフ場です。

岩淵水門(赤水門)20191013

岩淵水門(赤水門)は増水で水門の天端近くまで水か来ています。
平時の赤水門はこんな感じ。
本来は水門の先に小島があるのですが水没しています。

岩淵水門(赤水門)_平時

続いて岩淵水門(青水門)。

岩淵水門(青水門)20191013

岩淵水門(青水門)は新河岸川に荒川の一部を合流させ、ここから隅田川として流れを作ります。
増水で天端近くまで水が来ています。
平時の青水門はこんな感じです。
本らは平地があってキャンプしてる人もいます。

岩淵水門(青水門)_平時

13日午後、避難判断水位6.5mを超えて氾濫危険水位7.7mに到達寸前で水位が下がり始めたので、とりあえず越水の危険は去ったのですが、堤防下部のパイピング現象(堤防に水が浸透してトンネルを作り反対側に湧き出る現象、そこから決壊の恐れあり)の可能性もあるのでまだ安心はできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください