星が降るようで

午前3時、ピーちゃんをたたき起して温めたあわ玉食べさせて、
今がピークのオリオン座流星群を見に河川敷へ出かけた。
大型バンが1台止まっていて、親子連れらしい方が望遠鏡を設置して待機していた。
東の方角を見上げたが、うす曇りで何も見えず、南の真上方向にオリオン座らしきものがうっすら見える程度だった。
流星群はというと、見えたような、錯覚だったような。
「星降る」という表現があるが、東京ではちょっと無理。 「いくつか星が見える」程度。
でも、たまには夜空をじっと眺めているのも良いものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください