利根川橋梁、行ってきた


夏休み3日目、取手へ行ってきた。
何しに?というと、利根川にかかるJR常磐線の橋の架け替え工事が見たくって。
以前に建設新聞で記事を読んで興味があり、先日も橋梁関係の新聞社の方から資料をいただいたので、これは自分で見なくてはということで、電車に乗って見に行ってきた。
実際に現物を見てみて、想像していた工事手法と違っていたのでがっかり。
ある程度写真に収めたので満足して帰ってきた。正味30分。

ついでに越谷レイクタウンにも行ってきた。
駅を降りると、女の子ばかり。
おっさんの姿などほとんど見かけない。なんか自分、場違いなところへ来てしまったような・・・
女の子たちの目当てのショッピングモールもざっと見てきたが、これといって目新しいお店が見つけられなかった。こんなショッピングモール、豊洲でも失敗してるのに、懲りずにこんな辺鄙なことに作っちゃって。数年後には各社撤退して廃墟になるんだろうな。
さて越谷レイクタウンに行ったのも、やはり工事現場見学。
駅周辺の工事現場に会社が関わっているのもあり、まだ他にも工事しているところがあればと思ったのだが、あまり稼働している現場がなかったので、早々に退散。

その後、武蔵野線で彩湖まで行き、そこからウォーキングスタート。11kの道のり。
天気予報は”くもり”と言っていたはずなのに、35℃超のお日様が照りつけ、日焼けの上塗りになってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください