東京・赤羽ハーフマラソン2020、完走してきた

先週に引き続き地元・赤羽の荒川河川敷でのマラソン大会、第11回東京・赤羽ハーフマラソンに参戦してきました。
前日の大寒波が嘘のような青空でスタート時の気温が8℃と高めで日差しが強い、且つ無風の絶好のマラソン日和。
今回は4段階スタートの最終組からスタートです。

中間点である朝霞水門の上り→下り→折り返し→上り→下りを繰り返し体力を奪ったところで、何故か気力が増えました。
脳内麻薬によるランナーズハイの状態で、私は密かに『スーパーサイヤ人モード』と呼んでいます。
痛みが感じず、疲れも感じず、足が前へ前へとなるモードで、マラソン大会では時々起こります。
今回は12㎞から17kmまで続き、その間どんどん追い抜いて誰にも追い抜かれることがありませんでした。
17㎞での給水でペースダウンしたとたん、ひざの関節の痛みが出て小休止。
そのままゴールまでスローペースになってしまい、結果昨年より4分遅れとなってしまいました。

最近は給水所でスポーツドリンクを飲まなくなりました。
口の中がべたべたして逆に喉が渇くのと、ゲップが出て何となくお腹の調子が良くないような気がするからです。
路面のべたべたも気になってしまいます。
比較的新しいシューズなものですから。

東京・赤羽ハーフマラソン2020_1

東京・赤羽ハーフマラソン2020_2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください